床下にある排水管の水漏れが発見しにくいわけ

■異常を見つけにくい床下

排水管の配置方法はいろいろとあります。基本となるのは、水が流れていく勾配があればよく、生活空間に影響を与えない位置にしたほうが広く使えるのは間違いありません。そこで、壁の中や床下に配管していきます。排水管も同様で、管材の寿命も長くなり、メンテナンスの必要性が下がったことで、見えない場所に配置しやすくなりました。便利な反面、水漏れが起きてくると、見えない位置にあるのが問題になります。どこで水漏れしているかもわかりませんし、どのような異常が起きているのは判断が難しくなる状況が生まれます。トラブルの発見が遅れると非常に大きな影響を与えることになるため注意しなければいけません。
床下にもいろいろな方法がありますが、お風呂場などではコンクリートの中に配管している例もありますし、床材の下にしているパターンもあり、水の漏れ方にも影響するポイントです。コンクリートの床を壊すとなれば、はつり工事が必要です。配管の修理とはまた別に費用がかかりますし、はつれば復旧もしなければいけません。その間は使用もできないため、大きな負担になるでしょう。
埋まっていない場合でも、床下に入って作業ができるのであれば確認も可能です。ですが、戸建て以外ではそこまでのスペースはなく、床材を撤去して見えるようにして確認し、交換などの作業に入ります。
非常に大掛かりな作業が必要なため、床下で水漏れしてきているケースは状態としても深刻です。気が付かないでいたために被害がどんどん大きくなるのも、排水管などの設備が抱える問題です。

■床に傷みがあるなら要注意

キッチンの排水管で起きる状況から、水漏れしているかどうか判断してみるのも方法の一つです。キッチンの場合には、配管すべてが埋め込まれているのではなく、床下にあるスペースに配管が通されるのが基本です。収納庫になっている部分にふたが取り付けてあれば、一部は目視も可能です。床下の部分で詰まって流れないような状況が生まれているときには、逆流して水が逆流して戻ってくる可能性が高まります。排水管やホースの部分で漏れ出してくる場合があり、少し注意してみると判断がつきます。
床下の内部に流れ込んでいるときには、床に使われている部材が傷んでしまいます。これはかなりひどいケースで費用もかかるパターンです。見えない位置で流れ出しているのにもかかわらず、床材が影響を受けるのは、流れる場所がほとんどなく水がたまり続けるからです。湿度はどんどんと上昇し、床材が湿度を吸収していきます。だんだん水分が溜まり、木材などの床材はゆがんでいき、やがて腐り始めて気がつくのもこの状況です。
水漏れして溜まった水がどのような影響を与えるのか、考えてみると被害の大きさが見えてきます。食材や食器を洗った後の水が流れこみ、床下で溜まっていれば、害虫の温床になるでしょう。小さなコバエが常にいるような状態は、漏れ出している可能性にもつながります。大量に漏れ出すと音で気がつきますが、配管にわずかな異常があって、漏れ出す量も少ないと気がつかずに放置され、床が腐ってから発見というのも珍しくありません。

■点検口を作る方法もある
排水管の特性上、漏れ出せば大きな問題になるため日頃の点検が欠かせませんが、キッチンの下が収納庫になっていると、配管が全く見えずに見逃してしまうケースがあります。点検口が設置してあるとまだ助かりますが、必ずしもあるとは限りません。壁がベニヤ板で厚みが薄いものなら、切り取ってしまう方法があります。薄いベニヤにしか使えませんが、手でたたいてみると、薄いベニヤは明らかに違うとわかります。この薄いベニヤはカッターナイフで何回か切り込みを入れていくと切り取れます。一度確認口を作ってしまえば、今後も定期的に調べられるようになるでしょう。
床に使われている部材はカッターなどでは切り取れません。シンク下の部分が見えるだけでも、つまって逆流しているかどうかの判断材料につながるため、点検口が大事な役割を持ちます。空けた穴は、同じような大きさのベニヤ板を用意し、木工用のビスで止めておけば、あとでまた使えるでしょう。
床下の配管は、素人では位置を含めて判断が大変難しい部分です。目視できないというだけでも、修理するときのハードルは高まります。専門業者に依頼すると、無料で点検してくれるところも出てきていますので、ホームページなどを参考にして情報を収集しましょう。点検してもらい、排水管の寿命を見てもらうこともできます。それに合わせて大規模な修理を考えてみるのも方法の一つです。
点検した業者へ依頼して修理もしてもらえれば、スムーズに事が運びます。排水設備は家屋の設備として欠かすことができない部分です。常に確認しておくのは難しいため、定期的なメンテナンスをして、水漏れがないか点検するというのを忘れないでおきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ