トイレの流れが悪くなったら排水管のつまりを疑う

■トイレから水があふれる

トイレで起こるトラブルの中でも非常に多いのは、突然タンクから水が流れなくなる、便器に必要以上に水が溜まったりあふれてしまうケースなどです。タンクから水が流れてこないのであれば、タンクの中の部品が破損している可能性があります。その場合は、タンク内を一度分解して、部品の交換や修理が必要となります。
便器から水があふれてくる症状は、排水管が異物などで詰まって逆流していることが予想されます。便器は敢えてS字型の曲がった構造で、排水管につながっています。常に便器に水を張っておくことで、下水の臭いや害虫の侵入を防ぐなど、水が蓋の役目をしています。しかし、このS字型部分は管が狭いため、どうしても詰まりが発生しやすい箇所です。
詰まる原因のひとつとして、トイレットペーパーの規定以上の使用が挙げられます。トイレットペーパー自体は水に溶けるものですが、あまりにも量が多いと、溶けるまで時間がかかるため、詰まることもあります。清掃時など大量のトイレットペーパーを流す場合は、数回に分けて流すようにすると詰まりの予防になります。また水に流れることを謳っているトイレ用お掃除シートやおしりふき、ペットのトイレ砂なども少量ずつ流さないと詰まる原因となります。
詰まった際には、数時間置いて再び流す、ラバーカップを用いるなど、自力で解決することも可能です。ティッシュペーパーは水に溶ける性質ではないため、そのままにしておいても流れることはありません。早めに取り除く必要が生じます。また紙おむつやペットシーツなどは、水分を吸収する性質を持っており、中のポリマーが水を吸って膨張するため、早めの対処が必要です。

■トイレタンクのトラブル

トイレトラブルの中には、水流が弱くなって流れにくい状態になることが多くあります。タンク内から起こるだけでなく、便器や排水管が詰まっていてそういった状態になるケースもあります。
タンク式の場合、タンクから水が落ちる力を使って便器を洗い流すシステムですので、タンク内の水量が少ないと、その分水流が弱くなります。タンク内の水量はタンクを外せば目視で確認できます。タンクにはレバーハンドルがあり、鎖、そして鎖の先にはフロートバルブと呼ばれる栓が繋がっています。レバーを回すと、鎖がタンクの底の部分にあるフロートバブルを引っ張り、栓が抜けたことでタンク内の水が勢いよく下に流れ落ちる、という仕組みです。ボールタップという部品によって、水位の上昇、下降などの給水がコントロールされています。これらの部品が劣化して割れたり鎖が切れる等、破損してしまうと、水流が弱くなってしまいます。この場合、部品はホームセンターやネットショップなどで簡単に入手できますので、自分で調達して交換することも可能です。
タンク内を自分で修理する際にはいくつかの注意点があります。まず、作業する前に止水栓を閉めますが、その際には回した回転数を覚えておきます。何回回したか覚えておけば、修理が完了した後に同じだけ戻せばよいので、水量調節をしなくて済みます。また、手洗いができるタンクもあります。その場合、手洗い部分とタンク内部との接続方法はいくつかの種類がありますので、どのタイプなのか事前に確認してから作業を行います。狭い場所での作業となりますし、タンク内は光を当てないと見えにくいこともありますので、ライトを照らしながら作業をすると効率的です。しかし、仕組みの知識や技術がないのであれば、安易に自分で直そうとせず、専門の水道修理業者に依頼する方が適切な処置を早く施してくれますので安心です。

■ラバーカップで対処する方法
詰まりが起こったら、適切な処置を早めに行うのが大切です。詰まったままでは、トイレが使用不可能になるばかりか、悪臭も起こりかねません。詰まりに気が付いたら、まずは水を止めて、これ以上の被害の広がりを食い止めるようにします。タンク式の場合、ほとんどが壁から出ている給水管に止水栓はあります。もし、止水栓が分からない場合には、元栓を閉めます。修理の際には、床部分にブルーシートや雑巾などを敷きつめておくと、汚水が飛び散るのを防げます。
ラバーカップは、一度押し付けて引っ張りあげる時に起こる吸引力を利用して詰まりを解消させます。便器の奥にある排水口の部分にまずラバーカップを押し付けて、吸引を行います。この動作を何度か行うと、詰まりが徐々に解消されます。ラバーカップは押すときの力で詰まりを押し出すものと勘違いしている方もいますが、引っ張る力が重要です。詰まりが取れたと思ったら、止水栓を再び開け、水が元の通りの勢いで流れるか確認を行います。
詰まった際につい行ってしまいがちですが、熱湯を使うことはやめましょう。便器は陶器でできていますので、ひび割れにつながってしまいます。また、異物を排水管の奥へ無理やり押し込むこともしてはいけません。自分で直せないときには、専門の水道業者に依頼しましょう。現在の状況を説明すれば、スタッフが駆けつけるまでの間にしておける応急処置についても教えてもらえることもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ