賃貸物件の排水管の水漏れトラブル対処上の注意点

■入居者の立場から見る賃貸契約の長所と短所

賃借人の占有物件ではない賃貸物件における水回りのトラブル対処法は、契約内容上、自己物件の場合と異なる手順を踏む必要があります。基本的に水漏れトラブルなど、設備面の修理に関しては家主側の費用負担となり、賃借人すなわち入居者側は不具合を家主もしくは管理会社に伝えることで、対応を待つ流れとなります。時に高額な見積金額となる、排水管からの水漏れトラブルの費用を負担せずに済むのは大きなメリットですが、同時に大きなデメリットが見過ごせません。
排水管からの水漏れは、発覚した時点ですでに深刻な状況であるケースも多い一方、実際の対応は貸主側に一任する契約内容であるため、必ずしも迅速な善処が期待できるとは限りません。水漏れ発生のタイミングが管理会社の営業時間外で、そこから家主が費用面の負担などを理由に、対応を渋ってしまった場合、放置期間が長くなり兼ねません。当然その間は日常生活上の不自由が避けられず、こうした緊急時の対応のまずさが原因で、両者間のトラブルから退去に至る事例も少なくありません。
賃貸契約を締結するに際しては、水回りトラブルの際には、入居者の判断で然るべき対応を施した上で、要した費用を家主側に請求できることを確認するなど、さまざまなケースを想定した上で、事前にキチンと話し合っておきましょう。また集合住宅の場合、隣接する不在の部屋の排水管からの水漏れによる、日時的な被害も想定されます。
入居後はなるべく早い時期に、緊急時に速やかに連絡可能な、水のトラブルに特化した専門業者を押さえておく備えも大切です。

■家主と管理業者に求められる備え

排水管の水漏れ対策を整える責務を負うのは、入居者だけではありません。収益物件の入居率を下げないためにも、家主と管理会社双方もまた、緊急対応に備えた態勢を整えておかねばなりません。通常管理会社では、水回りの専門業者と業務提携の上、貯水槽清掃など水道設備の定期チェックを実施していますが、排水系統に関しては手薄な傾向が否めません。また家主側も面倒な現場対応は管理会社に一任しているため、排水管からの水漏れに対する危機意識が薄い方々が少なくありません。
こうした貸主側の危機管理意識の薄さが結果、入居者側に無用な負担をかけ続けてしまいトラブルや退去につながるリスクを見過ごしてはなりません。収益物件を管理維持する立場として、水のトラブルに特化した専門業者を確保しておく、緊急時には入居者の判断で、貸主側が指定した信頼できる業者に連絡の上、早急な現場対応が可能な契約内容を盛り込むなどの対応が望まれます。
賃貸契約全般に共通するデメリットとされる、備え付けの設備が故障した場合の対応が遅い傾向の軽視は危険です。たとえば電気コンロやエアコンの不具合とは違い、排水管からの水漏れは建物自体へのダメージの蓄積だけにとどまらず、階下の室内への大量の漏水など、復旧作業がより一層大掛かりとなるケースが想定されます。家主にとって自己の収益日物件の状態が悪化する上に入居率が下がってしまっては、不動産投資計画自体に大きな悪影響が避けられません。水のトラブルへの備えは、賃貸物件経営の鍵と言っても過言ではありません。

■一刻の猶予もないトラブルに際して
深刻な排水管の水のトラブルに遭遇した際には、迅速かつ確実な初動が大切です。賃貸契約上の流れを守るべく、つながらない管理会社の電話を鳴らし続けている間にも、状況は悪化の一途を辿ってしまいます。仮に自室の範囲内の設備が原因で、隣接する部屋への悪影響が想定される場合には、速やかに漏水トラブル発生の事実を伝えなければなりません。次に水のトラブル解決で確かな実績が評判の専門業者に連絡のうえ、状況を説明して、施すべき初期対応に関する指示や助言を確かめ、確実に実践してください。
反対に上階や隣接する部屋からの漏水被害に遭った場合、まずは原因と思われる部屋の入居者にその旨を伝え、同様に専門業者への連絡を躊躇してはなりません。いずれの場合も管理会社への連絡も必要ですが、営業時間外であれば、こちらは順番が後回しでも構いません。緊急性を重視する判断が大切です。
また業者の現地作業スタッフが到着した際には、賃貸物件であることや、その時点で管理会社と連絡がついているか否か、賃貸契約がどのような内容になっているかなども、合わせて伝えてください。賃貸物件対応にも豊富な経験を有する専門業者であれば、依頼者が後々困らないよう、事後対応に関する助言をその場で伝えてくれます。大切なのは疑問点や不安点を曖昧なまま残さない姿勢です。水漏れを生じた排水管の修繕作業だけでなく、依頼者のその後の快適生活に関しても、惜しみなく知恵を貸してくれるのもまた、水漏れトラブル解決で実績を誇る、専門業者ならではの頼もしさです。入居者から家主や管理会社側に対し、こうした信頼に値する専門業者の情報を提供するのも一案です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ