テープで補修できる排水管の水漏れもプロに相談してから

水道の排水管から水漏れが起こっているとき、テープを使用して水道 工事をおこなうことも可能です。そのため、とりあえず水漏れを止めて自宅内の被害を食い止めようと努力することも大切です。しかし、テープには様々なものがありますし、方法もありますので、素人判断で適当な処置をしてしまうとかえって状況を悪化させてしまうこともあります。応急処置をする際には業者に相談した上で対応をとるようにしましょう。

■修理業者に連絡した上で使用可否の判断を仰ぐ

水漏れを見つけた場合、まずは修理業者に連絡を入れて修理に来てもらう依頼をおこないます。この際、自宅において起こっている水漏れの状況を伝えることが大切ですが、そのときに自分の手元にテープがあるのであれば、それを使用して応急処置をおこなってもいいのか聞いてみましょう。
業者によって回答は異なりますが、処置の方法を教えてもらえるケースもあります。業者側はお客さんの状況を聞いた上でテープで対処したほうがいいのか、何もしないほうがいいのかを教えてくれます。



■テープに存在する種類

シリコンゴムを使用したテープなどもある一方で、それ以外のテープも様々なものが存在しており、たとえば防水タイプのテープなどもあります。水漏れを防ぐ意味ではありがたい存在になっていますので、こうしたものを使用することもひとつの方法として検討しておきましょう。また、使用方法も業者に相談したいものですが、基本的には排水管に巻き付けるような形で使用することを覚えておきましょう。




■まとめ
専用ともいわれるテープも存在していますが、そのようなアイテムが自宅に必ずしも常備してあるわけではありません。そのため、何もなければ代用できるものを探してみましょう。ただし、いずれにしても業者に連絡を入れて、その上で正しく使用するということを覚えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ