耐用年数を超えると排水管交換工事が必要になる

■耐用年数は何を意味するのか

水回りのトラブルは、素材が寿命を迎えたことで起こることも原因のひとつと言われています。寿命を迎えるタイミングを知っておけば、トラブルが起こる前に点検することで、トラブルを未然に防ぐことができます。
排水管に使われている素材によって寿命には多少の違いがあるものの、給水管や排水管の交換目安はだいたい40年程度と言われています。この数字を目安にして、水道工事が必要かどうかを判断することになります。40年経っても特に水のトラブルが起きていないので心配ない、と考えるのは危険です。40年経っているため、今後いつ耐用年数に限界がきてトラブルが起きてもおかしくないと捉えなければいけません。このまま使い続けると何かの拍子で不具合が起きて、水漏れトラブルなどが起こる可能性が高い状態であることを理解しておく必要があります。
なぜ水道管の交換が必要なのか、例えば給水管にトラブルが生じていると考えられる状況は、蛇口をひねった時にサビが混じった水が出てくることなどで判断できます。劣化によって管にサビが生じている証です。もともと耐久性の高い素材が使われているため簡単に錆びるものではないのですが、経年によって劣化するため交換が必要になります。
サビ以外にも管そのものにヒビが入って水が漏れるケースもあります。また、管を繋ぐ接続箇所で水が漏れることもあります。これはボルトが緩んでいるために起こりやすい現象です。気温が低くなると凍結によって水道管が破裂するトラブルも珍しくありません。

■排水管が古くなる前兆をキャッチしよう

排水管が耐用年数を超えている場合は大きなトラブルが起こる前に交換すると良いでしょう。もしも交換する前に寿命を超えてしまったらどんなトラブルが起こりやすいのか、前兆を知っておくといざという時に役立ちます。排水管としての役目を果たせないほどのトラブルが起これば大規模な交換工事となり費用も高額になるので、可能な限りトラブルの予兆をキャッチする必要があります。何かがおかしいと思ったら、早めに専門家に相談しましょう。
一般的に多い前兆は音です。バスルームやキッチンで水を流したとき排水口から音がなる場合は、水のトラブルが起こる前兆として捉えてください。これは管の中でなにかがつまっているシグナルなので、このまま放置するとつまりがどんどん大きくなって排水が逆戻りする恐れがあります。排水は汚れた水ですから水浸しになれば衛生的にも良くないため早めの処置が必要です。
排水管の寿命を長くするためには、やはり小さなゴミが流れないような工夫が必要です。キッチンで洗い物をするときは細かい食べかすや油を流さない方法を取り入れます。例えば食器を洗う前にキッチンペーパーなどを使って食器に着いた食べかすや油を取り除くことで排水管に流れるゴミを減らすことができます。
さらに注意が必要なのが熱湯です。熱いお湯をそのままダイレクトに排水管に流すと高すぎる温度によって管が変形する恐れがあります。素材によっては大きなダメージを受ける可能性があるので、熱湯は一度冷ましてから流すようにしてください。

■排水管の交換工事以外に方法はあるのか
排水管が耐用年数を超えて交換工事が必要になった場合、どうしても気になるのがコスト面のことです。できればコストを抑えたいと思うところではないでしょうか。また、交換工事を行うことになれば、工事が終わるまでの間は水を使用することができなくなってしまい、長期間生活に影響を与え続けてしまうという懸念点もあります。しかし、これらの問題を解決する方法がひとつだけあります。それは代替工法です。ライニングと呼ばれるこの方法は、排水管のリニューアルと捉えると分かりやすいかもしれません。
これは今の配管をそのまま使う方法で、管の中をキレイに洗浄したあとに特別な樹脂を内側にコーティングする方法です。このコーティングが施されると管の内側に新しい層を作るため、錆などによるトラブルが解消され、錆による腐食も防げます。寿命を延ばす方法として、大掛かりな取り換え工事を行う事が難しいマンションやビルなどでは、このライニングが広く取り入れられています。メリットはとても大きく、コストを削減できるのはもちろんですし、工事にかかる日数も短期間で行えます。
ただし、管の老朽化が想定以上に進んでいる場合はこの方法を使うことができません。なぜならコーティングする前に管の中を削る必要があるためです。老朽化が進んでいると削ることで管そのものの厚みがなくなってしまい、亀裂や穴が開く恐れがあるため対応が不可能となります。
これを踏まえて考えてみても、水のトラブルが起こる前にメンテナンスや点検など何かしらの対応が必要になることが分かります。老朽化が進んでしまうと修理にかかる費用が増えてしまうことを頭の片隅に置いておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ