応急処置として使える排水管の水漏れ対策のテープでの処置

■水漏れを発見したらまずは応急処置の準備から

排水管からの水漏れを発見できたときは、ある意味で幸運なことかもしれません。排水管は目につかないところに設置されている場合が多く、気がつきにくい性質を持っています。当然水が漏れてくる状況ですが、早期に発見できたときには、被害が拡大する前に処置することができます。水が漏れたことによって、大きな二次被害を生み出すことも考えられるため、早期に処置するようにしなければいけません。修理や交換などは簡単にできないことから、専門業者に依頼するのが確実な方法ですが、そのままにしておくことも問題なので、状況によっては被害を食い止めるために応急処置を施す必要があります。
簡単な方法としては、テープを使う方法があります。当然のことですが、どこから漏れだしているのかが判明できているのが条件です。原因箇所の特定方法としては、まず水漏れしている部分をきれいにふき取ります。水に濡れたままでは場所がはっきりしません。きれいにふき取っていくと、原因箇所がより明確になります。水が流れている方向をさかのぼっていけば簡単ですし、ふき取ったところから水が盛り上がるように漏れてきているのを見つけられることもあります。排水管に亀裂があるケースも出てきますし、つなぎ目から漏れてきていることもありますが、排水管の場合、水を使わなければ漏れだしてこないため、少しだけ水を流しながら見つけ出すのがポイントです。問題の場所がはっきりしたら、周りもきれいにふき取り、応急処置の準備をしていきます。

■テープを巻きつけて漏れを抑制する

テープを使って水漏れを止める場合には、濡れていない状況を作らなければいけません。少しでも水分があれば、テープは粘着部分の効果を失い、滑るように剥がれていきます。完全に除去して乾燥させたら、テープをしっかりと巻き付けていきます。巻き付ける際には、配管に2周から3週できる長さにカットしてから巻き付けるのがポイントです。そのままの状態で巻こうとすると、自由が利きませんし、よれてしまい隙間を作る要因になります。しっかりと巻き付けて隙間をなくすことが目的のため、一回に巻き付けられる量にしておけばミスは減ります。巻き付けたら最後はテープのはしを強く引き密着させれば応急処置の完成です。排水管に軽く水が流れるようにしてみて、問題がないか確認しておくのも忘れてはいけません。
テープでの処置に使われるのは、市販されている絶縁テープなどが適しています。硬く伸びないテープでは密着しにくく隙間が生まれてしまうからです。ガムテープなども適していないため注意が必要です。
もっと強力に補修するのであれば、自己癒着テープなども販売されているので、利用してみるといいでしょう。テープでの処置の大きな問題は、テープ同士がくっつかないように作られているところにあります。はがしやすくなっており簡単に使える設計ではありますが、これでは隙間が生まれてしまうという問題がありました。自己癒着テープはこの欠点がありません。いろいろなタイプがありますが、水に反応するものも販売されており、排水管の水漏れ対策としても活躍します。ホームセンターなどでも手に入るため、もしものときに備えて購入しておくのもいいでしょう。

■あくまでも応急処置として
テープのほかにも、応急処置ができるグッズはいろいろあります。水回り専用の補修シートもそのひとつで、水漏れした箇所にテープのように巻き付けて処置できますが、やはり隙間ができてしまうと効果を発揮しません。空気が入らないように密着させる必要がありますが、防水用に作られているため、貼りつければすき間を埋めるだけではなく、水を跳ね返して漏れにくくできます。
水道用ラップテープも便利です。排水管の水漏れのように、大量に漏れてこないところに使われる補修材で、薄く密着することから、水漏れ自体を抑制できる方法です。ただし、テープのように粘着剤を使わないため、接着力は高くありません。巻き付けながら真空状態を作り水漏れを抑制するため、使いやすい補修材です。
こうした材料を使って水漏れを止めるのは、簡単で便利な方法なのは間違いありません。しかし、配管に亀裂が入っている状況や、接続部品が緩んだり、パッキンが傷んでいる状況を改善できるわけではないのは理解しておくべきポイントです。根本的になにも解決しているわけではない以上、問題が大きくなる可能性も出てきます。恒久的に対応できる補修方法ではありません。割れてしまっていれば、亀裂は広がる可能性が出てきます。
内部から腐食して侵食されているケースも外側から巻き付けただけでは何も解決しません。パッキンに関しても、テープが代替わりしてくれるわけではないため、いつもっと大きな被害を生み出すかはわからない状態です。早期に問題のある排水管やパッキンを交換することも視野に入れて、応急処置をしましょう

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ