マンションやアパートで起こる排水管などの水漏れの対処方法

■集合住宅における水の悩み

マンションやアパートなど、自分だけでなく複数の家庭が生活をしている集合住宅においても、水のトラブルは起こります。天井から水がぽたぽたと落ちてきたり、帰宅すると、床一面がびしょびしょになる事態が起こってしまったら、どんな対応をすればよいのでしょうか。
アパートなどで起こる水の悩みは、排水管や給水管などに問題が考えられるケースと、人為的なミスや過失などが起因したものが考えられます。
明らかに人為的なミスによるものには、蛇口が開きっぱなしのまま気付かないで外出していたり、洗濯機の故障等が考えられます。また、排水口に異物を詰まらせた、防水加工をしていない場所に大量の水を撒いてしまったりすると、水があふれ出てしまい周囲の部屋が水浸しになる事態が起こります。
ゲリラ豪雨などの自然災害が原因となって、水に関する問題が発生するケースもあります。一度に大量の降雨があった時に、窓を大きく開けっ放しにしていたり、バルコニーの排水溝に葉っぱなどが詰まって逆流することによって、室内に多くの雨水が入り込み、広い範囲で水漏れが生じる例が見受けられます。あふれ出た水の量にもよりますが、自分の居住エリアが水びだしになるだけではなく、下や横などの他のフロアや共有スペースにも水が漏れ、大なり小なり被害が及び、迷惑をかけてしまうことが考えられます。

■設備に関する問題

人為的な過失によるものではなく、住んでいる集合住宅の排水管や給水管など、排水設備自体になんらかの不具合が起こっていて、水が漏れるケースもあります。キッチンや洗面所、浴室の水栓や、トイレのタンクなどから水が漏れて止まらないケースなどです。水栓の内部部品やパッキンが劣化しているために発生します。部品を交換する簡単な修理で解決ができます。
また年数が経過したために、排水管や給水管などの水回りの配管が劣化したり腐食が起こり、水道管のつなぎ目や、管そのものにヒビが入ってしまうために漏れが発生します。建築して30年以上経った集合住宅では、水があふれ出るリスクも高くなります。建物がそれほど年数が経っていなくても、地震など大きな揺れの影響によって、排水管などが損傷して水の流出につながるのも少なくありません。
マンションやアパートの施工不良による水漏れの可能性も考えられます。工事の際に使った配管そのものに欠陥があったり、工事の過程で過失があると、水が漏れ出てしまう原因となります。さらに、屋上部分や外壁に施されていた防水塗装の劣化が原因となりヒビが入り、台風や暴風雪などで雨水が壁に入り込み、水があふれてしまったというケースも生じます。集合住宅に居住していて、水があふれていると気が付いた際には、迅速な対応が必要となります。一軒家などと比べて、集合住宅において起こる水にかかわる問題は、自分の居住スペースだけの事態で終わらないだけでなく、共有部分、そして建物そのものに関わってくる大きな事案に発展する可能性もあり、注意が必要です。
水漏れによっておこる被害は、居住部分の家財、家電製品などが水没するだけとは限りません。壁の中、床下など、見えない場所から水が漏れていると、少しの量の漏れでも湿気が異常に高くなります。さらに湿気によってカビが発生し、健康被害に及ぶかもしれません。水が漏れてしまったため電気の配線に水がかかり、漏電し火災が発生するという危険も起こりえます。

■水のトラブルを見かけたら
水漏れに気が付いた時に真っ先に行うべき行動は、集合住宅の管理組合、もしくは管理をしている会社や大家さんなどへの連絡です。どこで水漏れが起こっているのか場所の特定と、原因を突き止める必要があるためです。さらに、水が漏れた影響によって漏電が発生すると、同時に利用している電気事業者に相談も必要です。
電気事業者の相談窓口では、安全に電気を使うためのアドバイスを受けられます。水漏れの状況は、可能な限り写真や動画に撮って記録に残す作業も大切です。水漏れの原因がはっきりしていて、緊急を要するのであれば、併せて水道修理を専門としている業者に相談も必要です。水漏れの状況によっては、床板やフローリングをはがさざるをえないケースもあります。水漏れの被害が大きく、自分自身に過失があって水漏れが起こったら、損害賠償を請求されるおそれも考慮に入れるべきです。火災保険や自動車保険などに付帯をしている個人賠償責任保険に加入をおすすめします。
保険会社の商品によっては、適用される範囲や、補償内容が違いますので、あらかじめ確認しておきましょう。居住者ではなく、建物そのものに欠陥があったり、共用部分において水のトラブルが起こったら、管理会社で加入している火災保険、もしくはマンション保険が適用されます。施工した業者による工事の過失によるものであれば、施工業者などが加入をしている保険から賠償を行うことになるでしょう。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ