マンションで排水管のつまりトラブルが起きたときのお役立ち情報

■マンションや上の階のキッチンで起こるつまりトラブル

キッチンの排水管トラブルがもしもマンションでおきたとき、誰もが慌ててしまいます。シンクから水が漏れたり、水をこぼしたわけではないのに床が濡れていればパニックになるでしょう。特にマンションは床が濡れたら下の階に被害が広がる恐れがあるため大変です。自宅を留守にしている間にもしもトラブルが起きていたら、下の階の人の通報によって気づくこともあります。
マンションが三階建て以上の場合、排水管は直結になっている事がほとんどです。中で何かがつまっていても流れない水はシンクに溜まる仕組みになっているため、下の部屋に水が漏れることはありません。
ところが、まれに上の階で水を使った後に下の部屋のキッチンシンクに排水が逆流するケースもあります。これはマンションが定期的にしっかり高圧洗浄などのメンテナンスを行っていれば起きないトラブルなので心配はないものの、どうしても気になる場合は建物の管理者にメンテナンスについて問い合わせてみるといいでしょう。
二階建てのアパートや二階に水回りがある戸建て住宅の場合は、シンクの下を覗いてみてください。排水ホースが排水管に差し込んでいるタイプだと、クリーンパッキンが排水ホースと塩ビ管の間に取り付けられているのが分かります。排水管の中でつまりのトラブルが生じていると、クリーンパッキンから水漏れが確認できます。この状態を放置しておくとシンク下の空間や自室の床、下の階にまで水が漏れてしまうため早急に対処する必要があります。

■マンションのつまりトラブルは高圧洗浄を使うケースが多い

マンションでつまりトラブルがおきたとき、専門業者によるつまり除去作業が行われるのが一般的です。例えば高圧洗浄が広く知られていますが、商業施設や飲食店などだけでなくマンションのような一般住宅でも行われます。戸建て住宅に比べてマンションのような集合住宅は生活排水に大量のゴミが流れてしまう傾向にあるためです。これは部屋の数が多ければ多いほどその傾向があります。
そのため、水のトラブルが起きないように定期的に高圧洗浄を行うことは珍しくありません。建物の大きさや部屋の数によってその頻度はまちまちですが、一年に一度行うところもありますし、数年に一度の間隔でメンテナンスするところもあります。
高圧洗浄によるメンテナンスが必要なケースは色々ありますが、たとえばバスルームで排水管につまりが生じた場合、最悪なケースだと排水が逆流する恐れがあります。これは排水に髪の毛や皮脂がまじっているため、管の中で詰まりトラブルが生じることが原因と考えられます。このトラブルを除去するために高圧洗浄が行われます。そのほか、洗濯機なら糸くずが原因になることもありますし、お風呂の残り湯を洗濯に使う場合は皮脂汚れが排水に混じるためトラブルの要因に繋がります。
洗面台は排水トラップがあるので高圧洗浄が必要なく、専用のワイヤーブラシによる作業でトラブルが解消されるケースがほとんどです。キッチンはほかの水回りに比べると水を使う頻度が多い場所で、それに比例して汚れも多く流れていくため高圧洗浄が必要になるケースがあります。予防策として専用のパイプクリーナーを定期的に使うといいでしょう。

■賃貸物件の水トラブル費用は誰が支払うの?
マンションやアパートなど集合住宅は戸建てと違って他の人も一緒に暮らすため、水のトラブルがおきたとき自分だけでなくほかの部屋に被害が広がらないか気になります。逆に被害を被る可能性があることも考えなければなりません。また、賃貸物件の場合は建物を借りている立場なので水のトラブルの責任がどこにあるのか知っておくことも大切です。
使い終わった生活排水は排水管に流れていきますが、このとき生活排水には少なからずゴミなどが含まれています。つまりの原因にならないよう専用のネットを使ったとしても、すべてのゴミを取り除くことはできません。特にキッチンであれば油汚れ、バスルームや洗面台なら皮脂汚れや髪の毛、洗濯機なら糸くずなどが流れてしまいます。これがつまりの原因となって水が流れにくいなどのトラブルが生じてしまいます。
水が流れなくなるトラブルまで発展してしまうと下の階の部屋に水漏れトラブルが広がってしまいますし、上の階で水が漏れたら自分の部屋にまで被害が広がります。このとき気になるのが修理費用のことです。排水によるトラブルで修理が必要になったとき、建物を管理する側に責任があるのか、それとも部屋を借りている借主にあるのか、はっきりさせる必要があります。もしも建物に原因があった場合は建物を管理する側に責任が生じるので、修理費用の支払い義務は建物の管理者に発生します。ただし、うっかり水を出しっぱなしにして水漏れを起こしてしまったという場合はその部屋の借主に原因があるため、支払いは借主になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ