排水管の耐用年数と交換時期

■耐用年数の重要性

いくら新築の家であっても、年月が積み重なっていくと劣化や老朽化という問題が出てきます。そして、その劣化や老朽化の一つの目安として、耐用年数というものがあります。これは法的に定められたもので、その設備が問題なく安全に使用できる期間ということになります。そしてこの耐用年数は、水道設備にも設けられています。
例えば、排水管が耐用年数に近づいてきます。外側だけを見るとほとんど変わっていないように感じられますが、実際には、内側は劣化が進んでいます。つまり耐用年数は、交換の時期を知らせるものだとも考えられます。しかし、ほとんどの家庭で耐用年数について気にすることなく使い続けています。そうすると、何らかの不具合が生じてきます。具体的には錆や腐食、ひび割れ、そして凍結による破裂といったものがあります。しかし、こういった不具合が生じても、排水管は目立たないところに設置されていますので気付きにくく、発見したときには大きなトラブルになっているという特徴があります。また、集合住宅などでは隣接した部屋にも被害を及ぼす恐れがありますので、建物のオーナーはこの耐用年数というものを頭に入れておく必要があります。
中には、排水管などの水道設備は自治体が管理するものではないかと思っている方もいるでしょう。水道は水道局が管理していますが、それはあくまでも各家庭の水道メーターボックスまでのことで、そこから来る給水装置や下水に繋がる排水装置は各家庭の持ち物となり、それぞれが管理しなければいけません。自分が所有する設備となりますので、敷地内の水道設備に関しては常に意識を向けておきましょう。

■排水管の耐用年数

1日に成人一人が使う水の量は250リットルと言われています。それほどの量が使用され、排水管に流れていきます。また、水の他にも、キッチンでは料理のカスや油分、バスや洗面所では髪の毛や皮脂、洗濯機パンでは汚れや洗剤などが常に排水されています。これらはそのまま流れていけばいいのですが、徐々に排水管内部にこびりついていき、それが劣化の大きな原因となっていきます。
また、劣化とともに老朽化という問題もあります。排水管には素材別に耐用年数が設けられていて、それを過ぎると安心安全という大前提が徐々に失われていき、トラブルへと発展していきます。
亜鉛メッキ鋼管の場合ですが、これは昭和40年代までに使われていたもので、耐用年数は15年から20年となっています。亜鉛は水に溶けやすく剥がれたり錆びたりという問題が起こりやすく、現在では使用が禁止されていますのでもし使われているようなら早めの交換をお勧めします。
次に炭素鋼鋼管は20年から25年とされていて、現在主流である塩化ビニール管は30年程度です。ただし、これらも使用頻度や何が流されているのかによって劣化具合に差が出てきます。そういった点検をするには、専門技術だけでなく専用の機材が必要となりますので、一般家庭においては修理業者に点検を依頼するのがいいでしょう。また、排水管は床下などに伸びていますので、目視で確認するのは難しいです。耐用年数が近づいてきたらトラブルが起こる前に点検してもらい、安全に使用できるようにメンテナンスしておきましょう。

■修理業者を選ぶ基準
排水管の交換作業は、専門の修理業者に依頼することになります。しかし、どこに依頼しても同じというわけではありません。一つの基準として、指定給水装置工事事業者であるということが挙げられます。これは、水道局から工事の認定を受けている業者のことです。ホームページなどで確認できますので、依頼する際はその点を確認してください。
指定給水装置工事事業者として認定された修理業者を探し出した後は、工事費用を数社で比較します。その上で納得できる価格の業者にお願いすると良いです。また、同時に、保証に関しても問い合わせをしておきましょう。工事後に何らかの不具合が発生したときに、しっかりとしたサポートを行ってくれるかどうかは、大きな判断材料となります。
修理業者を選ぶ基準としてもう一つは、なるべくすぐに対応してくれる修理業者を選ぶことです。水道のトラブルは急を要するケースが多くあります。遠方の業者の場合、連絡から到着までに時間がかかり、その間にトラブルが大きくなることもあります。また、次のトラブルに備えたり、定期的な点検を依頼する際も近場であるほうが便利でしょう。排水管はいつか交換しなければいけません。しかし、日頃からメンテナンスを行うことで、少しでも交換時期を遅らせる努力は必要です。食べ残しを流さず、油汚れはできるだけ拭き取る、髪の毛などはこまめに取り除く、排水口にフィルターを付けるなどすることで、排水管への負担が減り、劣化を防ぐことにもなります。また、定期的に市販されている洗浄クリーナーを流し入れるなどして自分なりにメンテナンスをしておくのも効果的です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ