排水管の水漏れを発見するための調査

■発見しにくい排水管

排水管の水漏れは、どうしても発見が遅れるところに特徴があります。さまざまな調査方法がありますが、まずは本当に水漏れがしているかどうかから調べていくのが大切です。水漏れしていると思っていたら、実はほかの水が流れていたものを漏れていたと勘違いしてしまう例もあります。この切り分けをしてから、調査の依頼をするといいでしょう。
調査方法として、2つの方法があるところを抑えておかなければいけません。壁の中や床の下に配置される排水管は、そのままでは外側から確認ができない状態です。これが基本となりますが、視覚的な確認が必要なら、いったん壊して確認する作業がいります。しかし、壊してしまえば、復旧作業が必要になります。壊したとして本当に原因がなかったとしたら、修復だけ時間も取られるリスクもあります。
もうひとつの方法が、非破壊検査と呼ばれるやり方です。壁や床といった部材は一切壊さずに検査する方法で、復旧という作業がいりません。ただし、視覚的に判断できる材料は限られますし、専用の機材を使わなければ確認できないところがデメリットです。土の中に埋められている配管も、掘り起こしたりせずに調べてていく方法もあります。この方法は内部から確認するやり方もあり、配管の劣化の状態確認にも使われます。
修理をできる企業であれば、こうした機材を持っているところも多くなりました。傷つけたり住宅としての機能を止めたくない場合には、非破壊で調査ができるかどうか確認してみるといいでしょう。

■カメラなどを使う非破壊

排水管の水漏れの調査方法として、内部にカメラを挿し込む方法があります。医療で使われる内視鏡カメラに似ていますが、配管の内部を推進させて状態の確認ができる方法です。配管は一切破壊する必要がありませんし、排水口や配管の出口などから挿し込めば、どこかを切断しなくて済みます。簡単に作業ができるため、準備の時間も少なくでき、施工にかかる負担が抑えられるのが特徴です。内部から配管の状況を確認していくため、どの程度経年劣化が進んでいるのか把握もできます。そのため、今後に向けて交換するといった予定を組みやすくなるでしょう。状態によって、今後の施工方法の決定にも役立ちます。
問題は内部を進ませていくため、外部でどうなっているのかはわかりません。掘り起こしたりすれば、配管自体の外部からの状態確認ができますが、あくまでも内部だけなので圧力がかかって損傷しているときなどは、位置を確認して別途掘り起こすなどの作業が必要です。
排水管の調査方法としても使われるのが、音を使った方法です。水漏れしてくれば、当然外部に流出するので、なんらかの音が出ます。水たまりになっているなら、落ちるときにしずくが垂れる音が聞こえるでしょう。配管の中から漏れ出すときの音も聞こえる可能性があります。聴音調査と呼ばれるやり方ですが、いろいろな方法があり、専用の機械を持ち込むケースもあるためかなり多岐に渡ります。それでも基本となるのは音を使ったものであり、配管に聴音機をあてて調査するなど非破壊で進められる方法です。負担の少ない方法ですが、場所の特定は簡単ではなく、検査する人の熟練度に影響される部分があります。

■破壊して調査する方法
非破壊とは違い、実際に壁や床を撤去してしまう方法がデメリットだらけというわけではありません。調査方法として、状態を把握するという面では非破壊よりも確実です。
壁は構造的にコンクリートで囲われている場所もあるため、カッターを入れてチッパーや電動ハンマーといった工具を使ってはつりだします。マンションなどで点検口が設置されているなら、そこから一定範囲であれば確認できることもあるため、必要に応じてはつる範囲は変わるでしょう。
床では取り付けられている部材をはがして露出させる作業が必要です。床材に木材が使われていれば、一定範囲を取り外して確認作業をおこないます。スラブコンクリートが使われており、設計によっては、やはりはつらなければいけないときも出てきます。これも設計により変わってきますが、壁よりも使われている部材が多い場合が多く、あとから復旧する作業も大掛かりになりやすい場所です。
配管を露出させてしまえば、老朽化などによってひび割れ水漏れしているようなときでも、すぐに対応できます。非破壊では調査という段階が入り、問題の大きさによって壊したりしますが、その手間がなくなることになるでしょう。ただし、的確に問題のある場所を見つけなければいけないため、非破壊の方法とともに併用するのが修理の段階での被害を抑えます。
壁や床を壊すとなれば、作業で音も出ますし、生活にも影響があるはずです。復旧という工程も考えなければなりませんし、内部の壁紙や床材が一部違う色になったりするような事態も考えられます。最終手段として考えれば、戸建てでも集合住宅でも、定期的に排水管の検査をして、問題がない状態を作るのが大切といえるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ