排水管の水漏れトラブルで考えるべき補償責任とは

■意外と分かりにくいトラブルの補償責任

賃貸物件に入居する際には誰でも、自分が水漏れトラブルの加害者になるとは考えたくないものです。しかしながら、実際には一般的な賃貸物件でも排水管の破損や劣化による水漏れトラブルが一定の確率で発生しており、トラブルがこじれた場合には深刻な訴訟問題に発展する可能性もあります。
不注意により排水管からの水漏れトラブルを起こし、隣室にまで影響を与えてしまった場合にはまず、適正な補償範囲を明確にする必要があります。ここで意識しておきたいのが補償範囲と補償責任の違いです。
たとえ過失であっても、水漏れによって隣室に被害を及ぼしてしまったら、ほとんどの場合加害側に補償責任が問われます。この場合、責任の軽重と補償範囲の広さは必ずしも比例しません。
つまり、仮に漏水がフロア一面に広がったとしても多額の賠償が必要になるとはかぎりませんし、あるいは反対に、トラブルが局所的だからといって補償金額が少なく済むわけではありません。
マンションの排水管トラブルで重要なのは、必ず第三者を介入させることです。時間がないからと当事者同士でトラブルを解決しようとするとどうしても意見のすれ違いが生じ、余計に解決が遅れてしまいます。特に、お金の問題については双方ともに一歩も譲らない、という状態になりかねませんので、トラブル発生時には必ず管理会社などに連絡を入れ、中立な立場での仲介を依頼しましょう。

■マンションの水漏れ被害者の対応

マンションや賃貸物件に入居する際には、あまり考えたくはないかもしれませんが、水漏れトラブルの被害者になることもある程度想定しておく必要があります。
自分がトラブルの被害者になった場合の基本的な対処法としてはまず、相手側の言い分を充分に聞くことです。この種のトラブルの場合、被害者の方はついつい感情的になり、相手方にも過剰な補償責任を追及しがちですが、感情に任せた話し合いは平行線をたどるだけで、建設的とは言えません。
実際のトラブル解決においてはまず、中立的な第三者によってトラブルの整理が行われ、客観的な事実に基づいて補償範囲の明確化が行われます。補償範囲が確定すればおのずと補償責任も決まってきますので、第三者に連絡を入れた時点でトラブル解決のプロセスはかなり進んだといえます。
排水管の水漏れによる隣人トラブルを避けたいからとマンションの最上階を選ぶ人がいるかもしれませんが、たとえ最上階であったとしてもトラブルの種類が変わるだけで、トラブルのリスクそのものがゼロになるわけではありません。最上階の場合、自分自身が階下にまで水漏れを起こさないように注意する必要があります。
マンションや賃貸物件の隣人トラブルの場合、平常時からの緊密なコミュニケーションがトラブル解決の迅速化につながる可能性があります。同じ種類のトラブルであっても、隣人との普段のコミュニケーションがある場合とない場合ではトラブル発生後の対応が大きく異なる場合があり、補償責任の方も差が出る場合があります。例えば、ライフスタイルによって水まわりを使う機会が多い家庭の場合、マンションの入居時にあらかじめ隣室や階下に事情を説明しておくなどの工夫がポイントになります。

■水漏れ以外の隣人トラブル
マンションなどで水まわりの問題が発生する可能性が高いのは、排水管だけではありません。排水管に加え、洗濯機など機器の本体から起きる水漏れもまた一般的に想定されるトラブルであり、一般家庭では補償責任を含めて頭痛の種にもなり得ます。
洗濯機本体や接続されているホースの場合、排水管とは異なり、水を使用しないときでも常に一定の圧力がかかっているため、劣化や損傷が進行しやすく、ひとたび限界を超えると大量の水が流れ出します。水漏れが起きることを防止するためには、日頃からこまめにメンテナンスを行うことでトラブルの深刻化を防ぐことができます。洗濯機は内部からの異音や異臭、急な機能停止が故障のサインとして挙げられますので、たとえ新品に近い状態であってもこれらの異常が見られた場合にはすみやかに修繕を行いましょう。
さらにマンションの近隣トラブルで意識すべきなのは、平常時からの備えです。水のトラブルの場合、日頃から排水管のメンテナンスをほとんど行っていなかった、破損した排水管を数年単位にわたってメンテナンスを行わずに使い続けていた、などのケースでは入居者側の過失と見なされる場合がありますので、注意が必要です。
マンションや賃貸物件の隣人トラブルでよく起こりがちなのがトラブル解決後まで気まずさを引きずることです。特に補償金額が多額になるトラブルの場合、加害者の方も被害者の方もどうしても感情的なわだかまりを解消することができず、また別のトラブルの原因を作ってしまう可能性も充分に考えられます。
第三者によって補償責任が決定された後は完全解決、というのが隣人トラブルの基本であり、わだかまりをいつまでも引きずるのは双方ともに得策ではありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ