排水管の水漏れにもつながる汚れの詰り

■配管の内部にこびりつく汚れ

排水管が詰まってしまえば、排水の処理が適切にできなくなります。トラブルとして避けたいところですが、使っている限り、可能性をゼロにすることはできません。何らかの可能性が出てきますが、場所によって原因が違います。
キッチンで考えれば、もっとも多いのは調理でも使われることになる油が原因です。キッチンを最小限の利用にとどめるのであれば、調理もせず油を使わないということは考えられますが、油が流れていかない状況は考えられません。食事に使った皿などを洗えば、油汚れも落とすことになりますし、顔や手を洗っただけでも皮脂が流れます。調理に使えば排水には、多かれ少なかれ油が流入することになるでしょう。
油のなにが問題かといえば、排水管の内部に溜まり、固まりやすい汚れだからです。水と比較して粘性が高く、水には溶けだしません。配管の内部でも流れていかずくっついてしまいやすくなります。これだけでは済まず、温度が下がると油はさらに粘性が上がり、固形化してしまうのが詰りの原因です。この油汚れは、さらに流れてくる別の油を吸着させる要因になってしまいます。ほかの汚れなども巻き込みながら、だんだんと排水管の内部を圧迫していくため、やがて流れるだけの径がなくなるのがキッチンの詰りの原因です。
状況としては、水が流れるだけのすき間がなくなっているため、シンクで洗い物などをしていても水の引きが悪くなります。だんだんと排水ができなくなるために起こる現象で、排水管内に問題があると確認しなければいけません。このままにしておけば、やがて流れでなくなることも出てきますし、場所によっては水漏れにもつながります。

■パイプクリーナーとお湯で防ぐ

異物が詰まる状況を作り出さないためには、配管用の洗浄剤で予防するやりかたがあります。配管内の洗浄をするためのものであり、排水管の内部の汚れも洗浄する優れものです。その反面、注意すべきこともあります。
配管用の洗浄剤は使う場所によって成分が異なります。どんなものが影響するかを絞り込み、有効な方法を選択しているからです。キッチンの場合には、油汚れが問題の中心となるため、分解できる成分が配合されています。そのため、バスルーム用の配管用の洗浄剤ではうまく汚れを落とせない場合があるため、詰まってしまい水漏れしているときにも解決方法となりません。あまりひどくなってから使うのも有効とは言えない方法です。汚れを落としていっても、残された隙間に流れ込み、悪化させる場合もあります。詰りかけてから使うのではなく、定期的に使って予防することが大切です。
手軽な対処方法としては、お湯を使う方法があります。この方法のポイントは、50度前後にする点です。熱湯にして流すと、管材を傷めてしまい、接続部分が緩む可能性も否定できません。管は膨張し、急激に冷えたりすれば、これだけでも割れてしまう可能性が考えられます。接続部が緩めば水漏れも出てくるのですから、防がなければいけない条件といえます。予防策のつもりが水漏れを起こしてしまう原因になるため、日常的な使用でも高温のまま流さないようにするのが大切です。適切な温度のお湯を流すことで、配管内の油汚れも暖まり、粘性を取り戻して少しずつ流れ出ます。定期的にやっておけば、詰まる原因を作りださないようにできる方法です。もちろん、内部でお湯が冷えてしまえば、あまり効果をあげられません。完全に閉塞状態になったら、これでは対処できないため、シンクを洗ったときには欠かさずおこなうなど、ローテーションに組み入れるといいでしょう。

■水漏れを発見したら早めの修理
キッチンの排水管でトラブルを発生させないようにするのは、普段から管理が大切です。油を流さないというのは、確実に守らなければいけない条件ともいえます。油汚れを減らせば詰まらなくなりますが、皿などをそのまま洗わずふき取ってしまうだけで違います。新聞紙を使えばすぐにふき取れますが、軽くさらうだけでも排水管へのダメージは大きく減らせるため、活用する価値の高い方法です。そのまま燃えるゴミとして処理してしまえば問題ありませんし、フライパンなどの油であれば、牛乳パックを使って凝固剤などを使う方法もあります。しっかりとした処理をすれば、原因はかなり減少できるようになるでしょう。日ごろから付着しやすいものは流さないようにするだけでも違いが出てきます。細かなごみも専用のネットなどを使えば、かなりの部分を除去することができるでしょう。細かなものでも取り除いていけば、悪影響を与えるものを少しでも減らせます。
普段から意識して配管用の洗浄剤を使う方法もありますが、食器などを洗ったときには、終わったら水を多めに流します。油の付着を抑えるだけではなく、しっかりと流してしまえば、ダメージは減少できるからです。お湯を流す方法とも共通してきますが、日常的な予防を繰り返すことがなによりも必要です。細かいことの繰り返しとなりますが、排水管を守ることを考えれば、そこまで大きな手間ではありません。
詰まってしまった状況のほかでも水漏れを発見したときには、できるだけ早い対処がカギを握ります。排水が流れ出してしまう状況を考えればわかりますが、きれいな水ではありません。この水が床にたまり、侵食してしまう状況を考えれば、いかに問題が大きくなるかが予想できるでしょう。害虫もわいてくる可能性がありますし、臭いなどに悩まされることも出てきます。侵食された部分の修理も考えなければいけません。修理費用がどんどんとかさむ条件となるため、早めに修理するのが肝心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ