排水管から水漏れ、場所がわからない時には調査しよう

■排水管などの水漏れは原因と突き止めることが重要

家の中の水漏れと一口に言っても水が漏れる可能性がある場所はかなり多く、原因を突き止めるのに時間がかかることもあります。水道の蛇口あたりや排水管の接続部などから水が染みだしている場合、水が漏れてくる箇所を目視で確認できるので原因もつかみやすいです。しかし、目視ではわからない部分から水が漏れていることもあり、その場合、調査が必要となります。
水が漏れていなくても、排水がつまり始めるとその後、排水ホースなどに水圧で亀裂が入り、水が漏れることもあります。水の漏れ以外、つまりに関しても注意していれば、その後のトラブルが大きくなることも少ないでしょう。
水が漏れている、つまりが起きている個所が目視出来ない部分でも、水が漏れていると壁や天井からポタポタと水が落ちる音が聞こえたり、水道を流すと床下で水の音がするといった現象が起こります。給水管の不具合の場合は、水道料金が急に上がることでもわかりますし、水道メーターを確認してみると、水を利用していないのにメーターが動いていることでどこかに異常があることがわかります。
住宅内が何となくかび臭く、嫌な臭いがすることもありますし、今まで結露したことがないのに結露し始めた、また結露がひどくなったことでおかしいと思う方もいます。こうした異変があったら水道のトラブルを疑い、業者の方に依頼して水漏れ、つまりなどの原因となっている部分を見つけてもらうことが必要です。調査には費用が掛かりますが、水の漏れやつまりを放置しておけば、さらに大きなトラブルとなる可能性があるので、早急に依頼し原因を特定してもらう方が安心です。

■水漏れ調査はどのように行うのか

水道業者が行う排水管などの水漏れ調査にもいくつかの種類があり、それによってかかる費用も変わってきます。一般的によく行われている調査は、水道管からの漏水など水の流れの音を聞いて水が漏れている個所をつかむ音聴です。この他に削除法、確認調査と呼ばれる方法もあります。削除法は、水が漏れているのではないかと疑いのある箇所に、量水器などの計器を利用して原因ではない箇所をどんどん削除していく方法です。量水器が動かない時には漏水個所ではないという判断になり、原因箇所ではないとして削除し、最終的に削除されなかった場所が水の漏れが起きている個所として特定します。
確認調査は音聴・削除法などを利用し大体の原因箇所を見つけてから確定させるために行います。完全に原因箇所がつかめている場合は別ですが、つかめていない場合には、簡易的にボーリング作業を行い、そこで原因箇所を特定します。
利用する機器も探査ガスなど業者によって異なるため、どのくらいの費用が掛かるのかあらかじめ確認しておく方がいいでしょう。依頼した業者が遠方からくる場合、出張費用など手数料を取られることもあるので、依頼する業者の選択も重要です。また原因が特定できなくても費用をとる業者もいますし、原因が特定できなかった場合は費用を取らないという業者もいます。こうした違いは、各業者のホームページを確認することでわかりますし、利用の前に複数社から見積を取っておけば安心です。そこに出張費用など手数料がのっていない時にも、一応、出張費用など見積以外にかかる費用がないか聞いておきましょう。

■水漏れ調査に対応できる保険がある?
マンションなど集合住宅の場合、水漏れに対して火災保険の特約に加入していることがあります。この火災保険の特約に水漏れ調査費用の補填が付帯されていることがあるので、水が漏れている危険性があり調べてほしい時、管理組合や管理者に確認してみるといいでしょう。特約に加入しているとなれば天井や壁にシミが出てきて、どこからか水が漏れている可能性があるとしても、保険から費用がおりる例もありますので気になったら調べてみましょう。
戸建ての場合は住宅の保険契約を確認し、特約が付いているようなら利用しましょう。ただし戸建てもマンションの場合も、この調査費用が何度も利用できるかどうかはわかりません。契約によって調べられる回数が1回と決められていることもあるのです。戸建ての場合は利用するかどうするか自分で決められますが、マンションなどの集合住宅の場合、マンション全体を一度に調べるかどうか、組合の方々と決める必要があるでしょう。
保険が利用できるかどうかわからない場合、自分で漏水個所を調べようとする方もいますが、地中内の配管を調べたり、壁を壊して作業することは難しいので、やはり専門業者への依頼をおすすめします。費用が掛かるからと長く放置していれば、建物自体を傷めることになり、かなり大きな費用が掛かることも考えられるのです。仮に排水管など漏水個所を運よく見つけられたとしても、他に漏水している個所があるかもしれませんので、調査する場合は、戸建てでもマンションでも業者に依頼し、一気に調べる方が安心でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ