排水管が原因?洗濯機周辺の水漏れ問題

■問題が起きている場所を探そう

洗濯をする際には一度の使用でも多くの水を使用します。そこで起こりがちな水のトラブルが周辺の床が水を撒いたように濡れているというものです。そうなると原因の一つとして挙げられるのが排水管になんらかの問題が生じて起こってしまう水漏れです。しかし床周辺が濡れた状態になっていても全てが排水管が問題を抱えているケースばかりではありません。どこで問題が起こっているのかを見つけるためには、周辺で何が起こっているのか状況を正確に把握する必要があります。問題となっている状態が起こる原因となるものはいくつかあります。
周辺の床が水浸しになっている場合、本体もしくは排水ホースや排水口などが原因となっている可能性が濃厚です。洗濯機自体が問題の場合は、洗剤を入れる部分や付属しているフィルター各所が通常の状態でなはくなっていることが考えられます。例えば、洗剤ケースの中に洗剤が残ってしまうと、それが固まってこびりついた状態になってしまいます。洗剤が固まってしまったままの状態になると本来水が通る場所が塞がれてしまい、水の通り道がない状態に陥ります。その状態になるとそれが周囲に水漏れを起こしてしまいます。さらにフィルターには洗濯をした際に発生するゴミを取り除く働きがあります。しかしフィルターが詰まった状態となって、ゴミが洗濯槽やホースなど水の通り道になっている箇所に詰まりが発生してしまえば、排水エラーを起こすという問題が発生してしまう可能性が高いです。
排水ホースや排水口に問題があるというケースでは、排水ホース自体にヒビが入るなど壊れた状態になっていたり、水が漏れないようにホースとホースのつなぎ目に隙間ができていれば、そのつなぎ目から洗濯によって出た汚れた水が漏れ出てきてしまいます。原因は多くありますが、1つずつ確認して原因を特定しましょう。

■トラブルが起きたときの対策方法

もしもトラブルが発生して水が漏れる状態が続いてしまったら、衣服を洗うことができず、日常生活に影響を及ぼします。その状態を改善するためには、原因に合った対策方法を実践しましょう。まず洗剤のケースが原因の場合は、ケースの内部をしっかり洗浄して固まった洗剤を取り除きましょう。この状態にならないためにも、日ごろから定期的にケースの内部を洗浄するようにすれば、水漏れを起こす原因を一つ減らすことができます。
さらにフィルターのつまりに関してもフィルターを取り外し、溜まったゴミを取り除くことで通常の機能を発揮することができます。もしもぬめりなどがある場合は、ゴミを取り除くだけではなく洗ってから定位置に戻しましょう。フィルターもいつでも取り外すことが可能なので、ゴミが溜まってしまう前にゴミを取る習慣を身に付けましょう。
排水ホースがひび割れなど壊れた状態の場合は、新しいものに交換することによって問題が解決します。さらにホースの継ぎ目が接続できていなくて水が漏れている場合は、正しくしっかりと接続をし直すことができれば水漏れを解消することができます。排水ホース内は、汚れた水も通る箇所です。洗剤やゴミが内部で固まってつまってしまうことも少なくありません。余裕がある時には内部を洗浄して内部のつまりもしっかりと取り除いておきましょう。掃除が終わったら部品を元通りにしておきます。
排水口の掃除をする場合、洗濯機を移動して掃除をしやすい状態にします。ふたや周辺の部品を外し、重曹とクエン酸を流し込んで洗浄します。重曹とクエン酸が反応して発生する泡の力によって、排水口内部に蓄積していたカビや汚れが浮き上がります。汚れが浮いてきたら、より汚れが落ちやすくするためにお湯で流します。この時熱湯は排水口や排水管を傷める原因にもなってしまいます。50度から60度程度のお湯を使って流すようにしましょう。

■洗濯による水漏れの注意ポイント
洗濯機を使用する上ではトラブルを回避するためにも、説明書に書いていることを守って一度に大量の衣服を洗わないようにしましょう。洗っている最中にかかる負荷も大きくなってしまうので、部品や接続部などにも負担がかかり、状態が悪くなりやすくなってしまいます。衣服が溜まってしまうと一度にたくさん洗いたくなってしまいますが、より長くいい状態で使用するためにも一度に洗う衣服の量には気を付けましょう。
家庭の使い方によっても状態に差がでますが、ある程度長く使用し続けていれば徐々に劣化していきます。一般的に耐用年数は7年ほどです。その年数を超えてくると、部品などもガタがきて壊れやすくなってしまいます。本体の状態が劣化していけば水漏れも起こしやすい状態になってしまうということを覚えておきましょう。7年という年数は本体のみに言えることだけではなく、ホースやパッキンなども当てはまることです。7年以上経過すると、部品交換も必要になってくるシーンが増えてくることも併せて覚えておきましょう。適切な部品の交換と日々のメンテナンスは、水漏れを防止するために必要なことです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ