原因を見つけて排水管の水漏れ修理

■何が起きているか究明することからスタート

排水管が水漏れしているか疑わしいときには、問題点の究明が欠かせません。わずかな量ではなかなか分からないのが排水管です。水道管のように常に水が流れているわけではなく、配管されている多くは見えないところにあります。さらに、設備を使わなければ水が通らないため、水漏れしている状況を見つけるのは困難です。事態はもっと深刻になり、大量に漏れ出してから水が漏れていた事実に気がつくのが一般的です。
キッチンに取り付けてあるシンクの下で漏れてきていると、使うたびに音がしたり、水溜まりのように広がったりするので発見できることがよくあります。水溜まりがなくても、収納庫から何かを取り出そうと開けてみたら、水が流れてきた跡が分かり、トラブルが起きていると気がつく場合もあるでしょう。
シンク下の場合には、排水トラップとのつなぎ目を調べます。ここは傷みすい部分で、留め具であるナットが緩み、すき間が開いて漏れてくるため、状態の確認をしておくようにします。確実に漏れている状態が分かったら、修理をするための養生をします。水が周りに流れると、それだけで汚してしまうためです。手で触るとしても、汚れた水に触れるため、ゴム手袋などを着用します。何か中につまっていて、手を切る可能性もあるので、素手で作業してはいけません。
下にはレジャーシートなどを敷いて、バスタオルなどを用意します。新聞紙もあればさらに水が流れていく状況を防止できるため、一緒に用意しておくと良いでしょう。こうした養生が必要なのは、内部に溜まってふた代わりをしている水がトラップを外すときにこぼれるからです。他の部分を修理する場合にも、手袋と床の養生は大切です。

■じゃばらのホースの場合

排水管のトラップ部分には、パッキンが使われており、すき間を塞ぐようになっています。水漏れの原因が緩みではないときには、パッキンの交換が必要です。排水トラップを締め付けて止めているナットを緩めて取り外します。新しいパッキンにしたら、適切な力で締め付けてあげればできあがりです。どの程度締めればいいのか分からないときには、外す前にマジックで印をつけておくと分かりやすくなります。緩んだかどうかの目安にもできる方法です。
同じような構造で交換できるのは、ホース部分でじゃばらが取り付けられている場合です。塩ビ管などでもつなぎ目があれば水漏れしている可能性がありますが、じゃばらの場合は、ホース自体の劣化を考えなければなりません。自由に曲げられる代わりに、塩ビ管などよりも強度が劣ります。シンク下が収納庫になっていると、引きだすときにひっかけて破いてしまうことがあるため、注意をしましょう。パッキンも使われており、定期的に点検と修理をすることが求められます。
じゃばらの交換は、いったん取り外して新しいものにしますが、注意しなければいけないのは径と長さです。あまりに短いと役割を果たしませんし、径を間違えば取り付けられません。適切なものを選ぶ必要があるため、取り外したものを正確に測るか、ホームセンターや販売店に持っていき、同じものを選んでもらうことが大切です。
塩ビ管はなかなか割れたりするものではありませんが、熱がかかって変形してしまうと、水漏れの原因の一つになります。ナット止めではなくプレートで接合してある場合もあるので、ドライバーで外して入れ替えます。これもサイズがあるため、十分に気を付けて購入してから交換をしましょう。

■つまった場合には高圧洗浄機もある
排水管のどこかでつまって漏れてくるケースもあります。水漏れする原因は逆流です。排水管は床下にある配管につながっていき、外部へと処理されます。床下側でつまっていると、水が正しく流れていかなくなります。排水管は水道管と異なり圧力をかけて送り出す構造ではないため、何か異物が流れ込み、付着して詰まってしまえば、流れにくくなります。この状態がひどくなると、流れ込む水が圧力となり、パイプなどが抜けてしまいます。
修理方法としては、異物を取り除くことから始めます。手で取り除けるところにあれば、ゴム手袋を付けて除去すれば済みますが、実際には見えないところでつまっているのがほとんどです。洗浄剤などを使う方法もありますが、あまりにひどくなると効果が発揮できない場合も出てきます。固形の異物がつまっているときには、配管を取り外して直接取り除くような大掛かりな方法も考えられます。費用も掛かる状況で、自分で修理するのは大変難しい作業です。このような場合は、専門の業者に依頼して直してもらうほうが確実なケースもあります。
配管内の状況によっては、高圧洗浄機を使って内部を掃除する方法も有効です。この方法なら配管を取り外す必要もありませんし、床下配管などでも対応ができます。市販されている機械を使って自分でする方法もありますが、ノズルの形状やホースの長さなど対応しにくい部分が問題です。配管の内部を傷つけてしまうといった事故も起きますので、高圧洗浄機は専門業者に施工してもらうのが一番です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ