台所の排水管の水漏れを起こす原因と対策

■どこかでつまって流れなくなる

台所は、生活空間の中でも使用頻度が高い設備です。水の使用量としては、お風呂やトイレなどの方がはるかに多くなります。水を出したり止めたりと使用頻度という面では高い負担を掛けています。設備として摩耗も激しくなり、故障するときが出てくる設備です。その分だけ排水管にも負担がかかり、水漏れしたりするケースもあります。
台所の排水管に対する負担として、洗い物などから流れ出していく油分があります。調理するときには、油を使うことがあります。食べるだけではなく調理道具にも付着しているため、洗い落すはずです。これが排水管に流れ込めば、壁面に付着していくのは自然な流れといえるでしょう。内部の壁面は平滑になっており、付着しにくく作られています。それでも、時間とともにだんだんと堆積して、ほかの調理した際のくずなども巻き込みながら大きなものに変わり、やがて閉塞します。
排水管の中で汚れがつまり、閉塞させると、水は流れていきません。流れずに残った水は、傷んでいるところがあれば、そこから流れ出ようとします。傷みが少ない状態であれば、そのままシンクまで逆流しますが、ほんのわずかでも穴が開いていればそこから噴出して流れ出そうとするでしょう。ほかにもパッキンなどの接続部分が甘い場所があったりしても、水漏れしたりする可能性も否定できません。もともと、上から下へと自然に流れる設計にされています。逆流したりしないように使うのが一番の対策で、気を付けておかなければいけないポイントです。

■熱湯を流すことが原因となる水漏れに注意

台所の水漏れは、つまりだけで起こるわけではありません。排水管自体が破損した場合も、流した水が外へ漏れ出る恐れがあります。なぜ破損したのか、台所だからこそ起きる原因が隠れているときがあります。
台所では、食事の調理をする際に熱湯を使うときがあるでしょう。野菜やパスタなどを茹でたりすれば、その熱湯を処理するためにシンクに流すはずです。このときに流れていく熱湯は、塩ビという素材でできた排水管を通って排出されますが、ここに問題があります。
排水管は、設計的な部分で無圧力で常温の仕様を前提としています。常温とは、塩ビ管の場合には5度から60度程度の範囲で設定されており、熱湯は対象として考えられていません。普段何気なく流していたりする熱湯は、塩ビ管の想定外の温度といえるでしょう。熱湯をそのまま流すと、接した部分は当然温度が上がります。
塩ビという素材は温度が上がれば膨張し、冷やされると収縮する性質を持っており、強度が変性しやすいです。塩ビ管の損傷しやすさは、流した熱湯の温度が伝わる時間や、素材の厚みとも関係しています。とくに接続部で使用される塩ビ素材が、膨張収縮を繰り返す場合は注意が必要です。接続部がストレスに耐えきれなくなれば、隙間ができて、隙間がわずかでも水漏れしてくる可能性があります。普段何気なくやっている方法が、実はトラブルを引き起こす原因を作り出している可能性があります。気を付けていればそこまで大きな問題にはならないため、熱湯は流さないようにしましょう。

■いろいろとできる防止策
台所の排水管の水漏れを防止するためにも、日々できるやり方で整備するのが大切です。方法はいろいろとありますが、手軽にできるのはホームセンターなどで手に入る洗浄剤を使う方法です。市販されているものでも使えば、内部の汚れを溶解して流せます。所定の量を使えば済むため手軽ですが、予防策として使うもののため、定期的に繰り返しておくことが大切です。
排水管に熱湯を流せば変形による歪みが出てしまう条件を作り出してしまいます。しかし、耐久温度の範囲内であれば、油分を温めて流動性を持たせることで、そのまま洗い流すことが可能です。60度以下のお湯を使います。そのまま排水管に流すのではなく、排水口にタオルをつめていったん溜めます。ある程度溜まったら、そのままタオルを抜いて、水流を作ると水の勢いが増すのでより良い効果を得られるでしょう。
ぬめり汚れなども除去するときには、重曹とクエン酸を使います。このぬめりは雑菌の塊でもあり、清潔に保つためにも有効です。排水溝の周りに重曹をまき、その半分の量のクエン酸を掛けていきます。ぬるま湯をかけると発泡してくるため、しばらく置いておきます。60度以下のお湯を使って流せばお手入れ完了です。この方法は、汚れを溶解するわけではありません。汚れを浮き上がらせることで、清潔な環境を作るのにぴったりです。
排水管の内部の状況は、どうなっているのかわかりません。業者に依頼すると、ファイバースコープを挿入して目視できます。設備の老朽化の進行度合いなども調査できるので、交換するべき時期も想定できるでしょう。内部でつまっていたりしたときには、短期間でできる高圧洗浄機の施工も相談してみるのがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ