家庭で起こる排水管からの水漏れへの対処方法

家庭で起こる排水管からの水漏れへの対処方法 家庭に存在する各種設備の中には水道関連の設備もあります。お風呂やキッチン、トイレなどの設備が代表例です。こうした設備は問題なく使用できているうちはありがたく便利なアイテムとなりますが、トラブルを引き起こすこともあります。そのひとつと言われるのが水漏れです。

■水が漏れる排水管設備

水を使用する設備だからこそ起こるトラブルと言えますが、こうしたトラブルが起こると後片付けなども含めて大変なので予防しておきたいものです。しかし、いくら気を付けていても起こってしまうトラブルでもありますので、いざというときには正しく対処できるようにしておきましょう。
さらに水の設備関連が起こす水漏れトラブルは、排水管が原因となっていることもありますので、排水管を正しく取り扱っていくことも重要です。また、水がじわじわと漏れている場合には、具体的にどこから水が漏れているのかわからないこともあります。大量の水があふれ出ているようなケースならば一目瞭然ですが、チョロチョロと出ているだけではわからないものです。しかし、こうした場合にも排水管を原因として疑ってみましょう。
すべてのケースで当てはまるとは言い切れませんが、排水管が要因になっているケースは多々ありますので、ここを疑うことによって原因がすぐにわかることも多くあります。

■業者への依頼が基本
自宅における水漏れトラブルは自分自身の手で修理をおこなえないものが多いため、基本的には修理業者へ依頼をすることになります。各地にはこうした修理をおこなっている業者が多数あり、お客さんからの依頼があれば自宅まで駆けつけてくれます。
その上で必要な措置をとり、水が漏れるのを止めてくれます。さらに、パーツ交換やそのほかの修理によって原因を根本から解決してくれます。そのため、水漏れトラブルを完全に止めたい場合には、やはりプロである業者に依頼するようにしましょう。

■自分でできる対処方法

基本はプロである水道業者へと修理の依頼をすることになりますが、そうは言ってもすべてのケースで自分での修理が不可能というわけではありません。根本的な修理ができるかどうかは別にしても、水が漏れている状況をとりあえず止めるというような応急処置なら自分でもできます。
水が漏れ続けてしまえば、それだけ家の中が水であふれてしまいますし、フローリングなどが濡れてしまうこともあります。漏れる水の量が増えれば増えるだけ床下などにも水が浸透してしまうなど、様々な影響が生じてしまいます。そのため、こうした被害を少しでも軽減するために、自分の手で応急処置レベルの対応をとることはできますので覚えておきましょう。ただし、あくまでもこうした行為は一時的にしのぐためのものであって、根本的な対応とは言えません。そのため、最終的には業者への依頼を考えておきたいものです。
業者が対応する場合には、原因をしっかり突き止めて水漏れを止めた上で原因になっている場所も修理してくれます。素人が自分だけで対応した場合、たしかに水漏れ自体は一旦止めることができますが、それですべてが解決とはならず、原因となっている部分がそのまま残っていればやがてはまた水が漏れてしまうこともあります。テープなどを張って応急処置していても、それがはがれてしまえばまた水が漏れてしまいますし、ほかの場所から水が漏れていることを見落としてしまうケースもあります。だからこそ、最終的にはプロに依頼して排水管 水漏れ修理をおこなってもらうことが重要なポイントです。

■まとめ
水漏れが自宅の中で起こった際、自分の手で対処する方法もあります。しかし、最終的な修理はプロに任せましょう。自分でできるのは応急処置のレベルであって、根本的な修理とは言えません。自分が手を加えて終わりという事態は避けておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース